ワイアレスマイクロホンシステム

開放特許情報番号
L2008004884
開放特許情報登録日
2008/9/12
最新更新日
2008/9/12

基本情報

出願番号 特願2001-063487
出願日 2001/3/7
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2002-271884
公開日 2002/9/20
登録番号 特許第4137395号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 ワイアレスマイクロホンシステム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 マイクロホン装置、受信装置、無線電送技術
目的 ワイアレスマイクロホンシステムのマイクロホン装置を小型化することが可能な技術の提供。
効果 本技術によれば、マイクロホン装置の電源が不要となるので、バッテリー等の管理が不要で、且つ長期間の運用が可能である。又、マイクロホン装置を小型化及び軽量化することができる。
技術概要
この技術のマイクロホン装置は、音圧変化に応答して容量が変化するコンデンサとコンデンサに並列に接続されたコイル、または、音圧変化に応答してインダクタンスが変化するコイルとコイルに並列に接続されたコンデンサ、を含むLC回路を備え、LC回路は、音圧変化に応答した容量またはインダクタンスの変化により共振周波数が変化し、コイルが受信した電波からLC回路の共振周波数に対応した周波数の電波を吸収し、受信装置は、LC回路の変化する共振周波数が帯域幅内に収まる帯域幅の電波を生成しマイクロホン装置に向けて放射する放射手段と、マイクロホン装置を通過した電波あるいはマイクロホン装置で反射された電波の受信スペクトルのディップからLC回路で吸収された共振周波数を弁別する共振周波数弁別手段と、共振周波数弁別手段により弁別された共振周波数の変化からコンデンサの容量変化またはコイルのインダクタンス変化に対応した電気信号を復調する復調手段とを備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT