被写体認識装置

開放特許情報番号
L2008004868
開放特許情報登録日
2008/9/12
最新更新日
2016/12/19

基本情報

出願番号 特願平11-206764
出願日 1999/7/21
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2001-034756
公開日 2001/2/9
登録番号 特許第4086422号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 被写体認識装置
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 静止画像の認識、EBGMシステム、動画像、ウェーブレット係数
目的 パターン認識、持に人物の類やその他の一般物体を対象とした画像情報処理および画像認識に特徴を有する被写体認識装置および記録媒体の提供。
効果 本技術によれば、動画像であっても、画像中の被写体を高精度で認識することができる。
技術概要
この技術で、仮説情報処理手段が行う修正は、複数の解像度のうち相対的に低い解像度から順次マッチング処理を行って類似度を算出し、類似度が閾値を超える場合に証拠値を増加させ、類似度が閾値を超えない場合に仮説情報蓄積手段内のすでにある認識候補の仮説情報に証拠値を附属させることであり、証拠値は、複数の解像度のうち相対的に低い解像度から始めたマッチング処理により算出された類似度が閾値を超えなくなるまでの、複数の解像度で算出された類似度を示す値である。即ち、本技術は追跡と認識を一連の処理として統一することにより、動きベクトル抽出などの追跡のみの手法に比べて追跡性能を高くし、同時にそのフレームでの認識ミスを過去のフレームからの追跡により補完することによって高精度な認識が可能となる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT