微小炭素繊維懸濁液および微小炭素繊維含有塗料

開放特許情報番号
L2008004833
開放特許情報登録日
2008/9/12
最新更新日
2008/9/12

基本情報

出願番号 特願平10-235968
出願日 1998/8/21
出願人 カクイ株式会社
公開番号 特開2000-063700
公開日 2000/2/29
登録番号 特許第4150447号
特許権者 カクイ株式会社
発明の名称 微小炭素繊維懸濁液および微小炭素繊維含有塗料
技術分野 化学・薬品、生活・文化
機能 材料・素材の製造、表面処理
適用製品 微小炭素繊維懸濁液および微小炭素繊維含有塗料
目的 微小炭素繊維を種々の担体表面に容易に固着するのに適した新規な懸濁液又は塗料を提供する。
効果 綿繊維から作った炭素繊維と微小繊維状セルロースを分散させた懸濁液である。十分な脱臭機能を備え、かつ、加工性、強度および使いやすさも兼ね備えた微小炭素繊維含有懸濁液および塗料を提供できる。
技術概要
綿繊維を炭化又は炭化・賦活化した微小炭素繊維と、微小繊維状セルロースを分散させた懸濁液である。この懸濁液は、微小炭素繊維と微小繊維状セルロースの配合割合が、微小炭素繊維50〜90wt%、微小繊維状セルロース50〜10wt%の割合であり、微小炭素繊維の繊維径が3〜10μmであり、微小繊維状セルロースの繊維径が0.01〜0.1μmであり、微小炭素繊維の繊維長が1〜20mmであり、微小繊維状セルロースの繊維長が0.5〜20mmである。また、綿繊維を炭化又は炭化・賦活化した微小炭素繊維と、微小繊維状セルロースを分散させた懸濁液から成り、さらに、ゼオライト粒子及び/又はトルマリン粒子を含有せしめた塗料である。図1はこの懸濁液から作成した微小炭素繊維を含んだシート状成形体の吸着性能試験の結果を示す図である。図2は、この懸濁液を塗布して製作した、表面に微小炭素繊維を付着させた綿球の吸着性能試験の結果を示す図である。
イメージ図
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 カクイ株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT