開けやすい、カッターナイフを使わずに、サッと開封できる段ボール箱

開放特許情報番号
L2008004825
開放特許情報登録日
2008/9/12
最新更新日
2012/2/3

基本情報

出願番号 特願2007-262769
出願日 2007/10/5
出願人 丸尾 章
公開番号 特開2009-091003
公開日 2009/4/30
登録番号 特許第4113248号
特許権者 丸尾 章
発明の名称 粘着テープ易開封性段ボール箱
技術分野 生活・文化、繊維・紙
機能 機械・部品の製造、環境・リサイクル対策
適用製品 粘着テープで封緘するすべてのダンボール箱 
目的 この箱はカッターナイフを使わずに、片手でサッと粘着テープを剥がせます。 開封時に商品や手を切ることはなく安全です。 雨の日にも確実に剥がれます。
効果 1.差込口はユニバーサルデザイン、エコデザインになっています。 2.開封、廃棄作業の効率を大幅に改善し、労力を軽減します。 3.開封の際、中の商品や指を傷つけることはありません。 4.反対側の底部に差込口を作れば、たたむ際も粘着テープがサッと剥れますので、段ボールと粘着テープに完全に分離した上で、資源ごみとしてリサイクルに出すことが出来ます。 5.厚さ5mm、3mmいずれもOKです。 6.底の浅い段ボール箱でもOKです。 7.コピー用紙の段ボール箱のように、中身が詰まっていても開けられます。
技術概要
作り方は簡単です。 写真の段ボール箱は部分型を作り、FFGで作成しています。 安価で、簡単に、大量生産できます。 1.粘着テープの一方の端を貼る位置付近に、図面のような小さな貫通した切り込みである差込口を付け加えるだけで出来上がります。 2.図面の差込口の1を押しこみ、2を摘んで持ち上げると、写真のように、分離した2とともに表ライナーと粘着テープが剥がれていきます。 3.差込口の形は箱の形に応じて変更できますので、A式、B式、タトウ式など、さまざまなタイプの段ボール箱に適用できます。 4.写真1 封をした状態ですが、図面のような切込みが入っています。   写真2 このように、分離した2とともに表ライナー、粘着テープが剥がれます。   写真3 差込口の図面です。すべて貫通した切込みです。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 高齢化社会に対応するユニバーサルデザインであり、地球環境にやさしい、エコデザインです。
改善効果2 型抜きでも、FFG、プリスロでも簡単に作成できます。
改善効果3 この他に、かたい糊付けで封をされた段ボール箱も簡単に開けることができます。 特許番号3571713をご覧ください。
アピール内容 日本の物流を、より安全に、よりスピーディにします。 段ボール箱を、すぐに、サッと開けられます。 連絡をいただければ、FFGにて作成したサンプルをお送りします。

登録者情報

登録者名称 丸尾 章

その他の情報

その他の提供特許
登録番号1 特許第3571713号
関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT