小麦DNA上の品種間で差のある単純反復配列領域を品種識別プライマーを用いて、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)により増幅して得られた増幅DNAを解析することによる小麦の品種識別法

開放特許情報番号
L2008004821
開放特許情報登録日
2008/9/5
最新更新日
2015/8/3

基本情報

出願番号 特願2007-080928
出願日 2007/3/27
出願人 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2008-237078
公開日 2008/10/9
登録番号 特許第4114887号
特許権者 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 小麦の品種識別法
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造、検査・検出
適用製品 小麦の品種(ホクシン、農林61号、さぬきの夢2000、オーストラリア品種、アメリカ合衆国品種、カナダ品種)識別法、小麦識別用プライマー対、小麦品種識別用キット
目的 国内で市場流通する外国品種を含む主要な小麦品種を網羅し、かつ、栽培環境等に影響されず再現性の高い小麦の品種識別法を提供する。
効果 本発明によれば、対象品種として国内で市場流通する外国品種を含む主要な小麦品種を網羅し正確で迅速、かつ簡便な小麦の品種識別法が得られる。これにより、小麦の原々種や原種生産での混種や、市場流通過程での原料品種取り違えを確認することが可能となる。
技術概要
 
小麦DNA上の品種間で差のある単純反復配列(SSR)領域を特異的に増幅できる10組の小麦品種識別用プライマー、それを含む小麦品種識別用キット並びにこれらプライマー対を用いて小麦から抽出したDNAを鋳型としたポリメラーゼ連鎖反応(PCR)を行い、得られた増幅DNAを解析することよる小麦の品種識別法である。なお、被検体でありDNAの採取源である小麦試料としては特に限定されるものではなく、例えば、種子、葉、茎などを試料とすることができ、小麦などももちろん使用可能である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
希望譲渡先(国内) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 平成10年6月29日付特総第1173号特許庁長官通達「特許権等契約ガイドライン」に基づき、案件ごとに協議のうえ決定。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT