スケジュール作成方法、スケジュール作成装置、及びコンピュータプログラム

開放特許情報番号
L2008004781
開放特許情報登録日
2008/9/5
最新更新日
2008/10/17

基本情報

出願番号 特願2006-271193
出願日 2006/10/2
出願人 国立大学法人長岡技術科学大学
公開番号 特開2007-334855
公開日 2007/12/27
発明の名称 スケジュール作成方法,スケジュール作成装置,及びコンピュータプログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 スケジュール作成装置、及びコンピュータプログラム
目的 より少ないメモリ消費で、与えられたシステムを、そのシステムの振る舞いがmax−plus代数上で線形な形式で表現することができるMPLシステムとして表現できる形式に簡単に導出することが可能なスケジュール作成方法、スケジュール作成装置、及びコンピュータプログラムを提供する。
効果 システムのスケジュール作成をコンピュータで実現する上で、より少ないメモリ消費で、与えられたシステムをMPLシステムとして表現できる形式に簡単に導出することが可能になる。
技術概要
図1は、スケジュール作成装置1の内部構成を示すブロック図である。スケジュール作成装置1は、パーソナルコンピュータ又はサーバ装置などの汎用コンピュータを用いて構成されている。スケジュール作成装置1は、演算を行なうCPU(演算部)11と、演算に伴って発生する一時的な情報などを記憶するRAM(記憶部)12と、CD−ROMドライブ等の外部記憶装置13と、ハードディスク等の内部記憶装置14とを備えている。CPU11は、CD−ROM等の記録媒体2から本発明のコンピュータプログラム20を外部記憶装置13にて読み取り、読み取ったコンピュータプログラム20を内部記憶装置14に記憶させる。コンピュータプログラム20は必要に応じて内部記憶装置14からRAM12へロードされ、ロードされたコンピュータプログラム20に基づいてCPU11はスケジュール作成装置1に必要な処理を実行する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT