ハロゲン化物質分解方法および有害物質分解検出方法ならびにその有害物質分解検出用キット

開放特許情報番号
L2008004748
開放特許情報登録日
2008/9/19
最新更新日
2012/8/24

基本情報

出願番号 特願2000-352103
出願日 2000/11/20
出願人 樫原 宏、久木田 毅、株式会社産学連携機構九州
公開番号 特開2001-218866
公開日 2001/8/14
登録番号 特許第4962678号
特許権者 樫原 宏、久木田 毅、株式会社産学連携機構九州
発明の名称 ハロゲン化物質分解方法
技術分野 その他
機能 検査・検出、環境・リサイクル対策
適用製品 ハロゲン化有害物質の分解装置、ハロゲン化物質の分解検出装置
目的 難分解性化合物であるハロゲン化有害物質を安全、簡単、安価に効率よく分解する方法および分解を検出する方法を提供する。
効果 環境汚染として深刻な問題を引き起こしている有害物質、特に難分解性化合物であるハロゲン化有害物質、例えばダイオキシン類、PCB類などのポリ塩化ビフェニル化合物、有機ハロゲン系農薬、有機ハロゲン化合物、ハロエチレン化合物などを安全に、簡単にかつ効率的に分解することができる極めて有用なハロゲン化物質分解方法であり、またその分解を安全にかつ容易に検出・確認することができる。
技術概要
 ダイオキシン類、ポリ塩化ビフェニル化合物、有機ハロゲン系農薬、有機ハロゲン化合物、ハロエチレン化合物などのハロゲン化物質に、金属水素化合物または有機金属化合物等の還元的分解剤を反応させ、超音波、紫外線などの物理的手段を用いて、常温、常圧で、約1分間という極めて短期間に脱ハロゲン化して分解する方法である。  さらに、有害物質と実質的に化学的等価である化学的等価化合物を、有害物質を含有するかどうかを調査する検体によって分解し、該化学的等価化合物の分解の定性ならびに定量により有害物質の分解を検出する方法も提供する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT