光経路入換装置

開放特許情報番号
L2008004730
開放特許情報登録日
2008/8/29
最新更新日
2015/8/20

基本情報

出願番号 特願2006-349478
出願日 2006/12/26
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2008-158412
公開日 2008/7/10
登録番号 特許第4911597号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 光経路入換装置
技術分野 情報・通信
機能 その他
適用製品 光経路入換装置
目的 抑制された数の光路入換スイッチを用いて光伝送路の入換を自在に行なう光経路入換装置を提供する。
効果 反射鏡の移動方式を同じものを用いると仮定すると、従来のものに比べて概ね半分の反射鏡数で光路入換ができるようになる。
技術概要
入力光路(A↓1、…、A↓N)の光路を入換えて、出力光路(D↓1、…、D↓N)に出力する光経路入換装置は、入力光路に対応する列(1、2、…、N)と出力光路に対応する行(1、…、N)をもった行列の要素をR↓j↓、↓kとすると、R↓j↓、↓kは夫々の2入力と2出力とを備える光路入換スイッチであって、R↓j↓、↓kに対応する光路入換スイッチ(R↓j↓、↓k)は、1≦j<k≦Nのj、kについて設け、夫々の光路入換スイッチは、制御装置によって、制御された光路入換スイッチであり、(1)R↓1↓、↓2は、A↓1を行入力として入力し、R↓1↓、↓k(2≦k≦N)は、夫々、A↓kを列入力として入力し、(2)2≦j<N、なるjについて、R↓j↓−↓1↓、↓jの列出力をR↓j↓、↓j↓+↓1の行入力とし、R↓j↓−↓1↓、↓kの列出力をR↓j↓、↓k(j+1<k≦N)の列入力とし、(3)1≦j<k<Nなるj、kについて、R↓j↓、↓kの行出力をR↓j↓、↓k↓+↓1の行入力とし、(4)Rj、N(1≦j<N)の行出力と、R↓N↓−↓1↓、↓Nの列出力とを出力とする。図1は、光経路入換装置を示す、図2は、原理を示す模式図である。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT