連絡情報取得システム

開放特許情報番号
L2008004397
開放特許情報登録日
2008/8/15
最新更新日
2017/8/4

基本情報

出願番号 特願2003-410270
出願日 2003/12/9
出願人 富士通エフ・アイ・ピー株式会社
公開番号 特開2005-175681
公開日 2005/6/30
登録番号 特許第4142562号
特許権者 富士通エフ・アイ・ピー株式会社
発明の名称 連絡情報取得システム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 企業内電話情報取得システム
目的 企業内で電話を受けた時に該当社員が離席しても連絡先を知ることができる。
効果 電話を受けた時に該当社員が離席し、打合せ等を行っていても、社内での連絡先を知ることができ、連絡先電話番号の変更も簡単に行える。
技術概要
1.社員の社員証にRFIDを組み込み、且つ社内の各電話機とRFIDリーダが1対1になるようにRFIDリーダをLANで接続する。そして、各社員がRFIDリーダに社員証を認識させると、最寄の電話の電話番号と各社員の社員証を対応付け、各社員が現在居る所を示す電話番号テーブルを作る。 2.社員の移動先のRFIDリーダに社員証が読まれることにより、各社員が現在利用する電話番号を WWW上の電話帳を変更設定し、システムに社員番号を入力すると、現在場所、電話番号を表示する。 3.表示時に長期にわたり使用する電話番号か否かの確認情報を表示(変更)する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 電話を受けた時に該当社員が離席し、打合せ等を行っていても、社内での連絡先を知ることができ、連絡先電話番号の変更も簡単に行える。
アピール内容 電話を受けた時に該当社員が離席し、打合せ等を行っていても、社内での連絡先を知ることができ、連絡先電話番号の変更も簡単に行える。
出展実績 なし

登録者情報

技術供与

ノウハウ提供レベル
量産仕様の提供 【可】
特殊仕様の提供 【可】

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT