微粒子アレイの作成方法および装置

開放特許情報番号
L2008004329
開放特許情報登録日
2008/8/15
最新更新日
2015/9/21

基本情報

出願番号 特願2008-101060
出願日 2008/4/9
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2009-250855
公開日 2009/10/29
登録番号 特許第5516928号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 微粒子アレイの作成方法および装置
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 微粒子アレイ、医療分野、遺伝子診断、プロテオミクス、創薬、化学分析、環境計測、アレイ型のマイクロセンサ
目的 透明な基板上に微粒子を含む溶液を極微量滴下するだけで、各種のアレイセンサとして機能する動的微粒子アレイを作成する方法、及び、微粒子アレイを作成する装置の提供。
効果 動的アレイ作成時における格子欠陥の原因となる微粒子相互の衝突の発生なしに、同時にアレイ上の位置に微粒子を移動することができる。また、動的アレイ作成後においても、格子点上に配置された微粒子を交換して、任意の順番の配置にすることが可能となる。従って、疾病の遺伝子検査、化学分析、環境計測などの各種検査で使用できる動的マイクロアレイを自動的かつ簡便に作成することが可能となる。
技術概要
この技術では、微粒子アレイの作成方法は、基板上に滴下された溶液中に含まれる複数の微粒子の位置を、撮像装置を用いて認識する第1ステップを含むと共に、認識された微粒子の位置および微粒子の標識情報に基づき、複数の微粒子の中からアレイ作成に使用する複数の微粒子を対象微粒子として選択する第2ステップを含む。また、対象微粒子へ捕捉ビームを照射して、対象微粒子の全てを非接触で同時に捕捉する第3ステップを含み、第1ステップで認識された対象微粒子の位置、及び、アレイの格子点の位置を用いて、対象微粒子毎の移動軌道を求める第4ステップを含む。そして、第3ステップで捕捉された対象微粒子の全てが同時に、対象微粒子毎に決定された移動軌道上を移動するように、捕捉ビームの照射位置を制御して、対象微粒子をアレイの格子点に配置する第5ステップを含む。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT