大塊岩石破砕作業システム

開放特許情報番号
L2008004308
開放特許情報登録日
2008/8/15
最新更新日
2015/9/21

基本情報

出願番号 特願2008-083092
出願日 2008/3/27
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2009-235781
公開日 2009/10/15
登録番号 特許第5207358号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 大塊岩石破砕作業システム
技術分野 情報・通信、土木・建築
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 大塊岩石破砕作業システム
目的 山の破砕プラントにおける破砕工程の上部篩いにおいて大塊岩石の詰まりによる閉塞状態を取り除く小割り作業を効率よく行うことができる大塊岩石破砕作業システムの提供を目的とする。
効果 鉱山の破砕プラントにおける小割り作業を自動化でき、作業の自動化によって操作員の苦渋作業からの解放と作業の効率向上を実現することができる。
技術概要
坑道に設けられたカメラおよびマイクロフォンにより鉱石の流動状態の判別を行うとともに、坑道の破砕工程の上部篩いにおいて閉塞状態に至った場合は、篩いの閉塞状態をステレオビジョンにより撮像する。画像処理による大塊岩石の3次元形状から、大塊岩石の同定とモデル化を行い、大塊岩石のモデルによって大塊岩石を破砕する作業計画を作成する。作業計画に基づき連続的に小割り作業を行い、篩いの閉塞状態を解除する。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT