アルツハイマー型認知症早期診断マーカー

開放特許情報番号
L2008003753 この特許をより詳しくイメージできる、登録者からの説明資料をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2008/8/1
最新更新日
2013/4/17

基本情報

出願番号 特願2008-533201
出願日 2007/9/6
出願人 国立大学法人鳥取大学
公開番号 WO2008/029886
公開日 2008/3/13
登録番号 特許第5207469号
特許権者 国立大学法人鳥取大学
発明の名称 アルツハイマーの診断キット、診断マーカー及び病態指標の検出方法
技術分野 化学・薬品
機能 検査・検出
適用製品 アルツハイマー型認知症早期診断マーカー
目的 アルツハイマー型認知症に特徴的な糖鎖に着目し、早期診断を可能にした。 鑑別が早いことで、早期治療開始できる。
効果 アルツハイマーの病態と相関性の高い診断を行うことを可能にする。
技術概要
 
糖鎖修飾に異常を有するトランスフェリンを測定することにより、アルツハイマー型認知症の早期診断を可能にすることが出来る方法
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 特徴的な糖鎖に着目し、早期診断を可能にした。
改善効果2 アルツハイマー型認知症に特徴的な糖鎖に着目し、早期診断を可能にした。 アルツハイマー型と鑑別が早いことで、早期治療開始できる。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT