文書処理装置、文書の製造方法、およびプログラム

開放特許情報番号
L2008003720
開放特許情報登録日
2008/7/25
最新更新日
2008/7/25

基本情報

出願番号 特願2006-319726
出願日 2006/11/28
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2008-134772
公開日 2008/6/12
発明の名称 文書処理装置、文書の製造方法、およびプログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 文書処理装置、およびプログラム
目的 適切なタイミングで日本語テキストを機械翻訳処理側に渡すことにより、正確な翻訳結果を得ることができる機械翻訳装置を提供する。
効果 この文書処理装置によれば、入力者による単語等の選択作業、確定作業による単語等の区切りの情報を取得することができる。
技術概要
図1は、文書処理装置のブロック図である。分かち書きしない言語の文書の入力を受け付ける文書処理装置であって、変換する前の情報である変換元情報の入力を受け付ける変換元情報受付部111と、変換指示情報を受け付ける変換指示情報受付部112と、変換指示情報を受け付けた場合に、受け付けた変換元情報を変換後の情報である変換後情報に変換する変換部12と、変換後情報を確定する指示である確定指示情報を受け付ける確定指示情報受付部113と、変換指示情報または確定指示情報を用いて構成される情報であり、文書中の1以上の各変換後情報の区切りを示す情報である区切情報と、1以上の変換後情報を有する文書を記憶媒体に蓄積する文書蓄積部13を具備する。図2は文書処理装置の動作について説明するフローチャートである。図3は、プログラムを実行して、文書処理装置を実現するコンピュータの外観を示す。コンピュータハードウェア及びその上で実行されるコンピュータプログラムで実現され得る。図3は、このコンピュータシステム340の概観図であり、図4は、コンピュータシステム340のブロック図である。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT