デバイス連携機構の自動分散化プログラム、装置およびデバイス連携機構

開放特許情報番号
L2008003596
開放特許情報登録日
2008/7/18
最新更新日
2008/7/18

基本情報

出願番号 特願2006-015675
出願日 2006/1/24
出願人 国立大学法人名古屋大学
公開番号 特開2007-199869
公開日 2007/8/9
発明の名称 デバイス連携機構の自動分散化プログラム、装置およびデバイス連携機構
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 デバイス連携機構の自動分散化プログラムに適用する。
目的 複数のデバイスが協働して動作するデバイス連携機構における、プログラム分割、プログラム割り当て、通信手段決定及びデバイスプログラム生成機能を備える自動分散化プログラムを提供する。
効果 各デバイスごとのプログラムを自動分散化して作成するプログラムが可能になる。
技術概要
例えば、デバイス連携機構12に対する一連のプログラムは、解析され、データの処理や各デバイス30、32、34の制御について分割可能なプログラム機能毎に分割され、各デバイス30、32、34が持つデバイス機能に関する情報を用いて、各デバイス30、32、34毎に実行可能な分割されたプログラムを割り当て、また、分割されたプログラムが実行されるデバイス30、32、34間で、どのようなデータの送受信が必要かを解析し、このデバイス間の通信を実行するための通信手順が決定され、そして、プログラムの分割、プログラムの各デバイス30、32、34毎の割り当て、及び通信手順決定手段による通信手順の決定の結果に基づいて、各デバイス30、32、34を連携動作させるためのデバイスプログラムが生成される自動分散化プログラム50にする(図)。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT