介護用具及びその使用方法

開放特許情報番号
L2008003480
開放特許情報登録日
2008/7/11
最新更新日
2008/7/11

基本情報

出願番号 特願2000-252357
出願日 2000/8/23
出願人 柿本 公子、柿本 紘平
公開番号 特開2002-058711
公開日 2002/2/26
発明の名称 介護用具及びその使用方法
技術分野 機械・加工、生活・文化、その他
機能 安全・福祉対策、その他
適用製品 介護用具であって被介護者の移動時に被介護者の安定性が高く、介護者の負担を軽減した用具
目的 被介護者の移動、特に移動距離が長い時に被介護者の安定性を高め、介護者の負担を軽減すること。
効果 簡単な構造で安価で製造できる上、異動時被介護者の安定性を確保でき、介護者の負担が軽減できる。また自動車の乗り降りやリハビリにも対応できる。
技術概要
略十字状に交差された第一索部と第二索部に第一把手部及び第二把手部が移動可能に各々取り付けられ、その略先端に第一係合部と第二係合部が各々設けられていると共に、略十字状の第三索部及び第四索部に第三係合部と第四係合部が摺動可能に設けられている。第一係合部と第二係合部が各々第三係合部と第四係合部に着脱自在である第一索体と環状で長さ調整可能な第二索体の一対を有すること。 第一索体の交差部を被介護者の股間に位置させ、第一索部及び第三索部と第二索部及び第四索部をそれぞれ腿に掛け、摺動部にて位置調整を行い固定し、第二索体を介護者の肩から被介護者の他の腿に掛け回して長さ調整して固定する。
イメージ図
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 柿本 公子

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT