特異的アルカリ金属イオン吸着剤及び高純度リチウムまたは高純度セシウムの製造方法

開放特許情報番号
L2008003472
開放特許情報登録日
2008/7/4
最新更新日
2015/9/18

基本情報

出願番号 特願2007-300714
出願日 2007/11/20
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2008-068259
公開日 2008/3/27
登録番号 特許第4572309号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 特異的アルカリ金属イオン吸着剤及び高純度リチウムまたは高純度セシウムの製造方法
技術分野 機械・加工、無機材料
機能 機械・部品の製造、材料・素材の製造
適用製品 数種類の金属イオンを含有する溶液中から特定の金属イオンを分離・除去、吸着除去、溶存イオンの化学的性質、不純物
目的 各種の陽イオンが共存する水溶液からナトリウムイオン、カリウムイオン及びルビジウムイオンを選択的に吸着除去する技術の提供、特に、リチウムやセシウムの溶液中に溶存しているナトリウムイオン、カリウムイオン及びルビジウムイオンなどの不純物イオンの濃度を低減する技術の提供。
効果 各種の陽イオンが共存する水溶液からナトリウムイオン、カリウムイオン及びルビジウムイオンを選択的に吸着除去することができる。例えば、ナトリウムイオン、カリウムイオン及びルビジウムイオンが塩化物の形で含まれる塩化リチウム溶液では、塩化リチウム以外の塩化物量を塩化物換算で100ppm程度以下まで低下させることができる。処理後の水溶液または精製化合物は、高純度の原料が要求される半導体分野や電池、医薬品等の用途に有効に用いることができる。
技術概要
 
この技術は、特定の複合酸化物を吸着剤として用いることにより、各種の陽イオンが共存する水溶液から、ナトリウムイオン、カリウムイオン及びルビジウムイオンを選択的に吸着除去できることを見出したことに基づく。すなわち、一般式(1):M↑1↓(8+x)M↑2↓xM↑3↓(22−x)O↓(59)・nH↓2O(1)(式中、M↑1は、水素元素及びアルカリ金属元素からなる群より選択される少なくとも一種の元素であり、M↑2は、4価の金属イオンになりうる金属元素からなる群より選択される少なくとも一種の元素であり、M↑3は、5価の金属イオンになりうる金属元素からなる群より選択される少なくとも一種の元素である。また式中の添字xは、0≦x≦11を満たす数であり、nは、0≦n≦12を満たす数である。)で表される化合物を有効成分とし、アルカリ金属イオンのうちナトリウムイオン、カリウムイオン及びルビジウムイオンを選択的に吸着する特異的アルカリ金属イオン吸着剤とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT