研削装置における研削ユニットの原点位置セットアップ方法

開放特許情報番号
L2008003342
開放特許情報登録日
2008/6/20
最新更新日
2008/6/20

基本情報

出願番号 特願平11-170815
出願日 1999/6/17
出願人 株式会社ディスコ
公開番号 特開2001-001261
公開日 2001/1/9
登録番号 特許第4024961号
特許権者 株式会社ディスコ
発明の名称 研削装置における研削ユニットの原点位置セットアップ方法
技術分野 機械・加工
機能 材料・素材の製造、表面処理
適用製品 研削装置
目的 複数個のチャックテーブルを備えた研削装置において、被加工物の削りすぎを確実に防止することができるセットアップ用の基準チャックテーブル設定方法および基準チャックテーブル設定装置を提供する。
効果 ターンテーブルに配設された複数個のチャックテーブルの高さを計測し、一番高い値のチャックテーブルをセットアップ用の基準チャックテーブルとして設定するので、他のチャックテーブルに保持された被加工物を削りすぎることはないとともに、研削ホイールがチャックテーブルと接触することによる損傷する確実に防止できる。
技術概要
被加工物を保持する複数個のチャックテーブルと、複数個のチャックテーブルを配設し各チャックテーブルを所定の研削位置に位置付けるターンテーブルと、研削位置に位置付けられたチャックテーブルに保持されている被加工物を研削するための研削ホイールを備えた研削ユニットと、研削ユニットを切り込み方向に移動せしめる送り機構とを具備する研削装置において、基準チャックテーブルを設定して研削ユニットの原点位置をセットアップする方法である。原点位置セットアップ方法は、各チャックテーブルの高さを計測する高さ計測工程と、高さ計測工程によって得られた計測値のうち、一番高い値のチャックテーブルを基準チャックテーブルとして設定する基準チャックテーブル設定工程と、を含み、基準チャックテーブルのみを研削位置に位置付けて、該基準チャックテーブルの表面に該研削ホイールの研削面が接触する状態を該研削ユニットの原点位置として設定する。図1は、セットアップ用の基準チャックテーブル設定方法および基準チャックテーブル装置を実施する表面研削装置の斜視図、図2は、表面研削装置の要部側面図、図3は、表面研削装置に装備される制御回路の概略構成図である。
イメージ図
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社ディスコ

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT