鶏由来コラーゲン高含有物およびその抽出方法

開放特許情報番号
L2008003110
開放特許情報登録日
2008/6/20
最新更新日
2008/10/17

基本情報

出願番号 特願2007-064137
出願日 2007/2/14
出願人 松永 裕子
公開番号 特開2008-195702
公開日 2008/8/28
発明の名称 鶏由来コラーゲン高含有物およびその抽出方法
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品、その他
機能 材料・素材の製造、材料・素材の製造、材料・素材の製造
適用製品 サプリメント、化粧品、医薬品等
目的 食鳥類、とりわけ放牧地鶏から、皮膚の消炎・再生効果、臓器の消炎効果、細胞の活性効果にすぐれた良質なコラーゲン高含有物を抽出する方法の開発。
効果 本発明のコラーゲン高含有物使用のパックを塗布すると、美白効果、シミ・そばかすの軽減効果、やけどの軽減効果が得られる。服用するとアトピー性皮膚炎の改善、胃潰瘍、肝硬変の快癒等の効能があり、サプリメント等への応用が可能である。
技術概要
 
この技術では、羽毛、内臓、脚を除去した食鳥類に水を加え、肉がほぐれ、皮が容易に剥けるまで煮沸し、表面にできた白色層を分離することによりコラーゲン高含有物を得る。食鳥類の中でも、一年以上放牧され、良質の水と天然の昆虫類を摂取した鶏から抽出したコラーゲン高含有物において、上記記載の効果がより顕著に得られる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 松永 裕子

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT