介護者による要介護者の移動や移動支援を容易化することができる介護用着衣及び介護用具

開放特許情報番号
L2008002910
開放特許情報登録日
2008/6/6
最新更新日
2009/11/6

基本情報

出願番号 特願2008-101009
出願日 2008/4/9
出願人 柿本 公子
公開番号 特開2009-249781
公開日 2009/10/29
発明の名称 介護用着衣及び介護用具
技術分野 繊維・紙、生活・文化、その他
機能 安全・福祉対策、その他
適用製品 病人・高齢者・障害者用。歩行介助(リハビリ用ズボン・スカート・下着)。介護用パジャマ・重度マヒ用ズボン・移動用具。
目的 歩行の困難な要介護者を安定して迅速に移動することができる介護用具を提供すること。要介護者の着用或いは要介護者への着用を短時間で簡単に行うことができる介護用着衣及び介護用具を提供する。 高齢化社会向け低価格化を図る。 要介護者へのファッションの多様性に対する要求を充足する。
効果 介護用衣服やその支持部を用いることにより、要介護者の移動時に於ける介護者の介護負担を軽減することができると共に、要介護者の自尊心に配慮してより自然な動作で介護者が要介護者を移動することができ、且つ介護者は要介護者を高い安定性で支持することができる。 通常販売されているズボンやスカートと、ほぼ同様の製造工程で、大量生産も可能であるから、低価格とファッションの多様性を図ることができる。
技術概要
衣服本体内部の股下で略十字条に帯状体が交差し、且つ背骨の真下付近に対応する位置にあるので要介護者をしっかりと支持することができる。また、前記帯状体は前記衣服本体の腰部両側前後の穴に挿通され、外側部分が把持部となると共に、交差部分の重合部に固定される略8字状の帯体とを有し、帯状体と重合部と把持部との間で腰部内面に固定することを特徴とする。これらを技術を基本として、杖歩行・リハビリ用・重度マヒ用に展開し開発しました。また、ズボン用・スカート用・そして従来着用していた衣類の下に介護用下着として用いることにより、以前の衣類が活用されます。
イメージ図
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
対価条件(一時金) 【要】 
対価条件(ランニング) 【要】 
希望譲渡先(国内) 【可】 
希望譲渡先(国外) 【否】 

アピール情報

アピール内容 「さあ 歩きましょう」の声かけで、一歩二歩と歩かれる姿、たまらなくうれしいです。

登録者情報

登録者名称 柿本 公子

技術供与

ノウハウ提供レベル
量産仕様の提供 【可】
特殊仕様の提供 【可】
技術指導 【可】
技術指導料 【不要】 
コンサルティング 【可】
コンサルティング料 【不要】 

事業化情報

事業化条件
特別資格 【不要】 
必要設備 【無】 
必要環境 【無】 
設備費用 【無】 
ポテンシャル 【不要】 
マーケット情報 【有】 
質的条件
事業化実績 【有】 
追加開発 【不要】 
その他情報 【不要】 

その他の情報

その他の提供特許
登録番号1 特願2000−150830
登録番号2 特願2000−252357
登録番号3 特願2001−043244
関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
試作品評価 【可】
設備売却の意思 【無】
販売ルート
自社ルート提供 【否】
販売会社紹介 【否】
Copyright © 2018 INPIT