水素分離用フィルム状自立金属薄膜およびその製造方法

開放特許情報番号
L2008002738
開放特許情報登録日
2008/6/6
最新更新日
2018/1/8

基本情報

出願番号 特願2009-553457
出願日 2009/2/13
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 WO2009/102009
公開日 2009/8/20
登録番号 特許第5464422号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 水素分離用フィルム状自立金属薄膜およびその製造方法
技術分野 金属材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 水素分離機能、水素分離用フィルム状自立金属薄膜
目的 高い水素分離能を有するフィルム状自立金属薄膜を製造することの実現。
効果 ピンホールなどの欠陥が無く、優れた水素分離機能を有するフィルム状自立金属薄膜が得られる。また、均一なフィルム状自立金属薄膜でもある。さらに、連続生産も可能であり、生産性良く、低コストでフィルム状自立金属薄膜を製造することができる。
技術概要
 
この技術では、フィルム状基板表面に触媒機能を有する金属核を含む犠牲層を形成する工程A、犠牲層の表面上に触媒機能を有する金属核を構成する金属あるいは金属を含む合金からなる層を形成する工程B、および犠牲層を焼失または溶出させる工程Cから少なくともなることを特徴とする膜厚が1〜20μmの水素分離用フィルム状自立金属薄膜の製造方法を提供する。また、フィルム状基板表面に触媒機能を有する金属核を含む犠牲層を形成する工程A、犠牲層の表面上に触媒機能を有する金属核を構成する金属あるいは金属を含む合金からなる層を形成する工程B、および犠牲層を焼失または溶出させる工程Cから少なくとも構成され、フィルム状金属薄膜を、単離するものとしてもよい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT