プロトイモゴライトとリン酸の複合化物からなる非晶質物質並びにそれを用いたデシカント空調用吸着剤及び結露防止剤

開放特許情報番号
L2008002706
開放特許情報登録日
2008/6/6
最新更新日
2015/9/18

基本情報

出願番号 特願2008-014404
出願日 2008/1/25
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2009-173490
公開日 2009/8/6
登録番号 特許第5354561号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 プロトイモゴライトとリン酸の複合化物からなる非晶質物質並びにそれを用いたデシカント空調用吸着剤及び結露防止剤
技術分野 無機材料
機能 材料・素材の製造、洗浄・除去
適用製品 プロトイモゴライトとリン酸の複合化物からなる非晶質物質、デシカント空調用吸着剤及び結露防止剤
目的 ナノサイズのチューブ状アルミニウムケイ酸塩であるイモゴライト及びその前駆体であるプロトイモゴライトは、各種物質を吸着することができる特性を有し、例えば、優れた水蒸気吸着性能を有することから、ヒートポンプ熱交換材、結露防止剤、自律的調湿材料などの応用が期待されている。ところが、デシカント空調や結露防止剤では、中湿度領域あるいは高湿度領域においても水蒸気を吸着できる物質が求められるが、従来のイモゴライトでは限界があった。そこで、中湿度領域のみならず高湿度領域においても優れた吸着性能を有する材料を提供する。
効果 この技術によるプロトイモゴライトとリン酸の複合化物からなる非晶質物質は、相対湿度10〜60%の中湿度領域及び相対湿度60%以上の高湿度領域において優れた吸着性能を有する。特に、相対湿度60%以上における吸着量と相対湿度95%における吸着量の差が200wt%以上であるという優れた吸着性能を有するものであるため、その特性を用いたデシカント空調用吸着剤及び結露防止剤を提供することができる。さらには、有害汚染物質吸着剤、脱臭剤、二酸化炭素やメタンなどのガス貯蔵剤を提供することができる。
技術概要
プロトイモゴライトとリン酸の複合化物からなる非晶質物質を提供する。プロトイモゴライトは、イモゴライトの前駆体物質であり、水溶液中に分散したこの前駆体を100℃程度で加熱することによりイモゴライトとなるイモゴライト形成過程途中の物質である。プロトイモゴライトとリン酸の複合化物からなる非晶質物質は、このプロトイモゴライトの懸濁液を調整した後に、リン酸を添加し加熱することにより得られる。プロトイモゴライト懸濁液の調製には、原料として、通常、無機ケイ素化合物と無機アルミニウム化合物が用いられる。これらの原料を適切な水溶液に溶解させ、所定の濃度の溶液を調製する。優れた吸着挙動を示す複合化物は、モノケイ酸水溶液とアルミニウム溶液をSi/Al比が0.35〜0.55となるように混合し、これに酸又はアルカリを添加してpH6〜8に調製し、その後脱塩処理したものに、リン酸を添加した後、100℃程度で加熱することによって得られる。得られた複合化物からなる非晶質物質は中湿度および高湿度領域において優れた吸着性能を有する。図は水蒸気吸着等温線、粉末X線回折図形、及び原子間力顕微鏡画像である。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT