無機物質粉末ペーストの製造方法、及び無機物質粉末ペースト

開放特許情報番号
L2008002671
開放特許情報登録日
2008/6/6
最新更新日
2015/9/18

基本情報

出願番号 特願2007-339383
出願日 2007/12/28
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2009-161365
公開日 2009/7/23
登録番号 特許第4773422号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 無機物質粉末ペーストのクリープコンプライアンスを評価する方法
技術分野 無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 無機物質粉末ペースト
目的 高い保形性を有し、且つ高い流動性を有する無機物質粉末ペーストを得ることが可能な無機物質粉末ペーストの製造方法を提供する。
効果 高い保形性を有し、且つ高い流動性を有する無機物質粉末のペーストを簡便に製造できる。この製造方法は、無機物質粉末の粒子表面を被覆する表面改質剤の割合(被覆率)を変化させることで、保形性と流動性のバランスを制御することができ、使用用途に適した保形性及び流動性を有するペーストを製造できる。
技術概要
 
無機物質からなる無機物質粉末の粒子表面の一部を、表面改質剤によって被覆して、表面改質無機物質粉末を得る。得た無機物質粉末と、バインダーと、溶媒とを混合して、表面改質無機物質粉末を含有する液状の無機物質粉末スラリーを得る。得たこのスラリーから液体成分を減じて無機物質粉末ペーストを得る。表面改質剤として、無機物質粉末よりもバインダーに対する親和性が低いものを用い、且つ、無機物質粉末の粒子表面における5〜90%好ましくは、10〜80%の範囲を、表面改質剤によって被覆する。スラリー調製工程において、表面改質無機物質粉末100質量部に対して、バインダーを0.1〜20質量部加えて無機物質粉末スラリーを調製する。無機物質粉末ペースト全体積に対する、表面改質無機物質粉末の体積の割合が5〜65体積%の範囲となるように調製したものであり、そのクリープコンプライアンスが0.15Pa↑−↑1〜0.5Pa↑−↑1の範囲である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT