グリセロールからのD−グリセリン酸の製造方法

開放特許情報番号
L2008002670
開放特許情報登録日
2008/6/6
最新更新日
2015/9/18

基本情報

出願番号 特願2007-338905
出願日 2007/12/28
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2009-153507
公開日 2009/7/16
登録番号 特許第5158775号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 グリセロールからのD−グリセリン酸の製造方法
技術分野 化学・薬品、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 グリセロール、D−グリセリン酸
目的 グリセロールを原料としたアルカリ条件下でのD−グリセリン酸製造方法を提供する。
効果 トリグリセリドのエステル交換反応により副生した粗グリセロールなどのアルカリ性グリセロール含有溶液を用いて、効率よく高生産性で、工業的利用価値の高いD−グリセリン酸を製造することができる。
技術概要
グリセロールを基質とするD−グリセリン酸の製造方法は、D−グリセリン酸生産能を有する酢酸菌を、アルカリ性のグリセロール含有培地中で培養する。酢酸菌は、グルコノバクター属、アセトバクター属、又はグルコンアセトバクター属の細菌から選ばれる。グリセロール含有培地の初発pHがpH8〜9である。グリセロール含有培地は、トリグリセリドのエステル交換反応により副生した廃グリセロール溶液(粗グリセロール)である。図に示すように、酢酸菌は培地中のグリセロールを利用してD−グリセリン酸を産生するため、培養中にpHは徐々に下がる傾向にある。用いる培地のpHをアルカリ性に調整してから、この酢酸菌を培養する。初発pHはpH7よりも高ければよく、より好ましくはpH8〜pH9である。この微生物を培養する培地中のグリセロール含有量はアセトバクター属微生物の場合は、10〜20%(v/v)の高濃度である方がむしろ好ましく、15±2%(v/v)が最も好ましい。培養条件は特に制限はないが、好ましくは30℃の温度で、好気条件のもと、振とう培養する。使用菌株を1〜7日間培養すると、培地中にD−グリセリン酸が生成される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT