棟構造

開放特許情報番号
L2008002386
開放特許情報登録日
2008/5/23
最新更新日
2008/5/23

基本情報

出願番号 特願2003-428205
出願日 2003/12/24
出願人 株式会社説田屋根工業
公開番号 特開2005-188061
公開日 2005/7/14
登録番号 特許第3822204号
特許権者 株式会社説田屋根工業
発明の名称 棟構造
技術分野 土木・建築
機能 機械・部品の製造
適用製品 建築物、瓦屋根
目的 棟瓦を棟上に強固に固定することができる棟構造の提供。
効果 本技術の棟構造によれば、棟瓦を棟上に強固に固定することができる。
技術概要
この技術では、瓦屋根の棟上に設けられた対向する少なくとも1対の熨斗瓦と、熨斗瓦上に設けられた冠瓦とからなる棟瓦を備え、棟と最下部に位置する熨斗瓦との間には漆喰が設けられ、熨斗瓦、漆喰及び冠瓦によって取り囲まれた空間内の中央部には、格子状又は金網状の芯材が設けられるとともに空間内にはポリウレタン発泡体接着剤が充填される。又、芯材は、棟の長手方向に延びるように棟上に立設されるとともに中間部及び上端部が発泡体接着剤中に埋設され、さらに同芯材の下端部は漆喰中に埋設されるとともに、棟に設けられた固定部材により棟上に固定され、固定部材は、固定部と固定部上に立設され対向する1対の芯材挟持部とを備え、固定部は棟上に固定され、芯材の下端部は対向する1対の芯材挟持部に挟持されている。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT