光信号伝送システム及び方法

開放特許情報番号
L2008002314
開放特許情報登録日
2008/5/16
最新更新日
2014/3/27

基本情報

出願番号 特願2009-062539
出願日 2009/3/16
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 特開2009-258684
公開日 2009/11/5
登録番号 特許第5448510号
特許権者 学校法人慶應義塾
発明の名称 光信号伝送システム及び方法
技術分野 情報・通信、電気・電子、その他
機能 機械・部品の製造、材料・素材の製造、その他
適用製品 光通信システム
目的 この発明は、電気信号を光信号に変換する可干渉性光源、光信号を電気信号に変換する光受信器、及び光送信器からの光信号を光受信器に伝送するマルチモード光ファイバを用いた光伝送システムを提供する。
効果 この発明によれば、電気信号を光信号に変換する可干渉性光源の直後に、高複屈折導波路を設け、光信号と可干渉性を低減させることができる。これにより、スペックル雑音を低減させることができ、光伝送システムのS/N比が低下することがない。したがって、FP−LDまたはVCSELなどの可干渉性光源とマルチモード光ファイバによる安価な光信号伝送システムを構築することができる。また、この発明の方法はアナログ光伝送及び多値デジタル光伝送にも応用することが可能である。
技術概要
光ファイバを、GI型のプラスチック光ファイバ(POF)をマルチモード光ファイバ(MMF)として用いる場合に、コヒーレントな光源であるレーザダイオードとの組み合わせで使用すると、スペックルパターンと呼ばれる干渉模様が発生する。この発明では、レーザダイオードにより電気信号を光信号に変換し、レーザダイオードの後に高複屈折導波路を接続する。高複屈折導波路をピグティル型の高複屈折POFから構成する。高複屈折POFの複屈折により光信号の可干渉性が低減し、スペックル雑音が抑制される。レーザダイオードとMMFによる安価な光信号伝送システムにおいて、スペックル雑音を抑制し、S/Nの低下が抑えられる。高複屈折POFは、複屈折率の大きい異方性低分子がコアの主材である高分子に添加されたプラスチック光ファイバ素線から構成されており、異方性低分子としては、複屈折率の大きい微粒子及び異方性低分子と共重合させたプラスチック光ファイバ素線が用いられる。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT