仕入業務支援方法およびシステム

開放特許情報番号
L2008002074
開放特許情報登録日
2008/4/25
最新更新日
2008/4/25

基本情報

出願番号 特願2007-098313
出願日 2007/4/4
出願人 小河 俊紀
公開番号 特開2008-123478
公開日 2008/5/29
登録番号 特許第4006652号
特許権者 小河 俊紀
発明の名称 仕入業務支援方法及びシステム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 クレジットカード
目的 中小零細事業者の仕入れ専用カードの発行、および決済
効果 資金繰り円滑化支援
技術概要
 
1)小売店の過去(半年〜1年)のクレジットカード取扱総実績を平均し、その額を上限として安定度に応  じて所定の”担保みあい”評価し、利用限度額を仮設定する。 2)決済事業者は小売事業者の仕入利用額とカード販売額を日計としてモニタリングする。 3)所定の期日にカード会社から入金されてくる販売代金に対し、仕入利用額の相殺(ネッテイング)デー  タを金融機関に持ち込み決済する。 4)残金を小売事業者に返金する。 5)直近の販売・決済実績に応じて利用限度額を修正する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【新規参入】
改善効果1 零細事業者の信用力が透明公平になり、資金繰りの大幅な改善を促す。
改善効果2 卸売事業者や製造業者の売掛管理が合理化させる。
改善効果3 カード会社や処理代行業者、金融機関に新規の事業収益を発生させる。
アピール内容 中小零細事業者、特に小売事業者の商品仕入決済をクレジットカード化することで資金繰りが円滑になることを支援する仕組み。 1)クレジットカードがもつ弾力的な資金運用機能に気付いた零細事業者が、すでに事業目的で代表  者個人名義のカードを密かに使用している実態があるが、日本では与信管理手法(特に、個人信  用情報網)が未整備のため、カード各社は公式にそれを認めていない。 2)カード先進国アメリカでは2000年代に入って銀行・カード会社が零細事業経営者向けに事業  用途のスモールビジネスカード使用を解禁し、積極的に掘り起こした結果、ここ5年で市場規模  は3.5倍 1,700億ドル(17兆円)に急成長している。 3)本発案は、零細事業者の個人信用情報や決算書、資産内容などに頼らず、カード加盟店としての  クレジットカード取扱実績に応じて高額の仕入利用限度額を柔軟に提供し、かつ代金を後日確実  に回収する理想的なクレジットカードシステムである。

登録者情報

登録者名称 小河 俊紀

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT