音場再生装置

開放特許情報番号
L2008001909
開放特許情報登録日
2008/4/11
最新更新日
2008/4/11

基本情報

出願番号 特願平11-133866
出願日 1999/5/14
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2000-322067
公開日 2000/11/24
登録番号 特許第4040791号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 音場再生装置
技術分野 情報・通信
機能 その他
適用製品 音場再生装置
目的 音の響きのバランスが崩れてしまうなどの欠点がなく、現実的な構成で、広い聴取範囲を実現することのできる音場再生装置を提供する。
効果 現実的な構成で広い聴取範囲を実現する音場再生装置を提供することが可能になる。
技術概要
図1、2に示す、音場再生空間内に少なくとも上下方向の指向性パターンの主軸と3.5kHzにおける上下方向の指向性パターンの最初の下側のディップとを有する複数のスピーカーシステムを備える音場再生装置である。最初の下側のディップは、1つのスピーカーシステムから放射される音波の位相干渉に起因する、主軸に対して音場再生空間下側となる最初の音波減衰であり、複数のスピーカーシステムは、聴取位置の高さより高い位置に配置され、複数のスピーカーシステムの配置の重心位置を通る或る鉛直面に対して2つに区分して配置され、複数のスピーカーシステムの各々は、所定の高さでの水平面とスピーカーシステムの指向性パターンの主軸との交点と、所定の高さでの水平面とスピーカーシステムの最初の下側のディップとの交点とが、それぞれ鉛直面に対して反対の音場再生空間に位置するように構成された音場再生装置である。複数のスピーカーシステムの各々は、同相で駆動する2個のスピーカーユニットを上下方向に並べ下方に傾けるように構成する。または2個のスピーカーユニットを上下方向に並べ、指向性パターンの主軸の方向を下方に傾けるように位相差を有する信号で駆動するように構成する。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT