微小液滴の溶合による液滴の形成方法及びその装置

開放特許情報番号
L2008001892
開放特許情報登録日
2008/4/11
最新更新日
2012/9/25

基本情報

出願番号 特願2005-293273
出願日 2005/10/6
出願人 財団法人生産技術研究奨励会
公開番号 特開2007-098322
公開日 2007/4/19
登録番号 特許第4639391号
特許権者 一般財団法人生産技術研究奨励会
発明の名称 微小液滴の溶合による液滴の形成方法及びその装置
技術分野 電気・電子、機械・加工
機能 加圧・減圧、加熱・冷却
適用製品 マイリアクター等
目的 微小液滴の溶合による液滴の形成にあたり、連続相中の異なった反応物を含む2つの液滴間の電気的融合を簡便に、的確に、しかもその融合の開始を正確に決定し制御することができる微小液滴の溶合による液滴の形成方法及びその装置を提供する。
効果 以下のような効果を奏することができる。 (1)液滴の形成にあたって、その反応の開始を正確に決定し制御することができる。 (2)簡便、的確に、微小液滴の溶合による液滴の形成を行うことができる。 (3)反応の連続的な観察が可能である。
技術概要
微小液滴の溶合による液滴の形成方法において、両親媒性分子を含む連続相液2中に第1の分散相液4と第2の分散相液6を供給し、第1の分散相液からなる第1の液滴5と第2の分散相液からなる第2の液滴8とを生成させ、この第1の液滴5と前記第2の液滴8とを融合チャンバー9へ導き、前記融合チャンバー9内で前記第1の液滴5と第2の液滴8とを接触させ、前記融合チャンバー9の両側に形成された電極10,11を介して、前記接触した第1の液滴5と第2の液滴8とに電界を印加して前記第1の液滴5と前記第2の液滴8を融合させる。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT