力学物性の計測方法および装置

開放特許情報番号
L2008001890 この特許が掲載されている活用例集をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2008/4/11
最新更新日
2012/9/25

基本情報

出願番号 特願2004-341574
出願日 2004/11/26
出願人 財団法人生産技術研究奨励会
公開番号 特開2006-153535
公開日 2006/6/15
登録番号 特許第4019379号
特許権者 一般財団法人生産技術研究奨励会
発明の名称 力学物性の計測方法および装置
技術分野 電気・電子
機能 検査・検出
適用製品 表面張力・界面張力ならびに粘性・弾性の測定方法およびその装置
目的 簡便で信頼性が高く、非接触・非破壊で極微少量の液体や他のソフトマテリアルの表面張力・界面張力及び粘弾性を測定する計測システム及びその装置を提供する。
効果 電界を対象物質及びその周囲に印加し、これに伴って生じるマックスウエル応力による対象物質の変形を測定することで,表面張力・界面張力ならびに粘性を迅速に,高い信頼性で精度よく,かつ微小量の試料について計測することができる
技術概要
測定対象物質102を対向する電極103、104間に挿入し、その電極103、104間に電圧を印加することにより電極間に電界を発生させ,対象物質102内部と外部の誘電率差により生ずるマックスウエル応力に伴って現れる物質の変形について、その変形の絶対量から対象物の表面張力ならびに弾性を、また時間変動する電界に追随する変形の運動状態から対象物の粘性を計測する方法及び装置。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT