機械翻訳文の評価方法、および機械翻訳文の評価装置

開放特許情報番号
L2008001739
開放特許情報登録日
2008/4/4
最新更新日
2008/4/4

基本情報

出願番号 特願2003-307240
出願日 2003/8/29
出願人 株式会社国際電気通信基礎技術研究所
公開番号 特開2005-078318
公開日 2005/3/24
登録番号 特許第3936687号
特許権者 株式会社国際電気通信基礎技術研究所
発明の名称 機械翻訳文の評価方法、および機械翻訳文の評価装置
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 機械翻訳装置、機械翻訳装置の評価装置
目的 機械翻訳された文章の翻訳の適否を評価することを目的とする。
効果 一般の機械翻訳された文章の評価方法は機械翻訳のための代表的な例文を翻訳させてその翻訳結果と正解翻訳文との対比によって翻訳の適否を評価するものであり、例文に対する評価は行えるものの、全ての翻訳文に対する評価はできなかったが、この発明によれば全ての翻訳文に対する評価が可能であるので、機械翻訳に対する評価の信頼性が高い。
技術概要
第1の言語で表される原文を第2の言語の翻訳文に翻訳する順方向翻訳装置の適否を判定するに際して、第2の言語に翻訳された翻訳文を第1の言語に逆翻訳する翻訳装置を複数個用意し、その複数個の翻訳装置によって逆翻訳された第1の言語の複数の翻訳文と原文とをそれぞれ比較し
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT