アンテナ

開放特許情報番号
L2008001546
開放特許情報登録日
2008/3/28
最新更新日
2015/9/21

基本情報

出願番号 特願2006-218503
出願日 2006/8/10
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2008-042852
公開日 2008/2/21
登録番号 特許第4714876号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 アンテナ
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 アンテナ
目的 垂直偏波の送受信が可能で、小型にするのに好適なアンテナを提供する。
効果 垂直偏波の送受信が可能で、小型にするのに好適なアンテナを提供することができる。
技術概要
図1および図2は、アンテナの概要構成を示す説明図である。アンテナ101は、1つの給電素子102と、これを挟むように平行に配置されている2つの無給電素子103と、地板104と、信号端子105と、2つのバラクタ(可変容量ダイオードあるいはバリキャップと呼ばれることもある。)106とからなる。給電素子102および無給電素子103の概形は、いずれも同型のL字形で、等間隔に配置されている。L字形の短辺は、地板104にほぼ垂直であり、L字形の長辺は、地板104にほぼ平行である。無給電素子103のそれぞれの先端と、給電素子102の先端と、は、いずれもバラクタ106で接続されている。また、無給電素子103のそれぞれの後端と、給電素子102の後端と、は、地板104に固定されている。無給電素子103の後端と地板104とが電気的に接続される態様は、バラクタ106が順方向に接続されているか逆方向に接続されているかによって異なる。信号端子105は、地板104と給電素子102の後端との間の電位差により、信号を伝達するためのもので、典型的には同軸ケーブル108等を経由してRF信号通信機109等に接続される。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT