空間を有効利用可能な試験室の空調方法・設備

開放特許情報番号
L2008001376
開放特許情報登録日
2008/3/14
最新更新日
2009/4/3

基本情報

出願番号 特願平10-093255
出願日 1998/4/6
出願人 高砂熱学工業株式会社
公開番号 特開平11-294793
公開日 1999/10/29
登録番号 特許第4017245号
特許権者 高砂熱学工業株式会社
発明の名称 試験室の空調方法及び空調設備
技術分野 土木・建築、機械・加工
機能 機械・部品の製造、加熱・冷却、材料・素材の製造
適用製品 環境試験室、機械精密機械工場の設備、車両走行試験室、シャシーダイナモメータ、生産付帯設備、恒温室
目的 障害物のある空間に精密な空調、例えば恒温環境のための給気を施す。
効果 上記目的の達成
技術概要
 
自動車走行試験室その他の試験室で、クレーン軌道等の障害物があっても空調気流を被試験物に供給できるようにした発明で、次の要件からなる。 ・吹付けファンを、被試験物に吹出口を向けて設ける。 ・空調ダクトの出口を、前記吹付けファンの吸込み側と、間隔をおいて対向させる。 ・ダクトからの空気を上から前記ファンに吸い込み、付勢して被試験物に直接吹き付ける。 障害物を迂回すべくダクトとファンを離した点が主な特徴である。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 高砂熱学工業株式会社

事業化情報

事業化条件
特別資格 【不要】 
必要設備 【無】 
必要環境 【無】 
設備費用 【無】 
ポテンシャル 【不要】 
マーケット情報 【無】 
質的条件
事業化実績 【無】 
追加開発 【不要】 
その他情報 【不要】 

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT