電気または電子灸器及び電気または電子灸装置

開放特許情報番号
L2008001130
開放特許情報登録日
2008/2/29
最新更新日
2008/2/29

基本情報

出願番号 特願2001-143797
出願日 2001/5/14
出願人 合原 昭之祐、合原 睦子
公開番号 特開2002-336329
公開日 2002/11/26
登録番号 特許第3784277号
特許権者 合原 昭之祐、合原 睦子
発明の名称 電気または電子灸器及び電気または電子灸装置
技術分野 電気・電子、生活・文化
機能 機械・部品の製造、加熱・冷却
適用製品 電気または電子灸器、電気または電子灸装置、灸治療
目的 患部に灸治療を行うにあたり、治療後に火傷跡が残らないようにした電気または電子灸器及び電気または電子灸装置の提供。
効果 ハロゲンランプによる熱を所要時間患部の皮膚に与え、痛みのある患部を熱(灸治療)することによって、熱の刺激により患部の痛みを除去することができる。また、皮膚に触れないで治療を行うので、必要以上に熱を加え過ぎなければ、火傷を負うこともない。従って、黒い斑点状の火傷跡が残ることもない。
技術概要
この技術では、電気または電子灸器は、ケースを備えると共に、ケース内に患部の皮膚に熱を加えるためのハロゲンランプを設けてなり、また、皮膚に当接したときに、当該皮膚とハロゲンランプとの間に所定の間隔を形成するようにするスペーサを備える。スペーサは、ケースに取り付けられる取着部を備えると共に、取着部から斜めに放射状に設けてある、複数本のリブまたは筒形状体を備え、リブまたは筒形状体の先端に設けてあり、緩やかな曲面状をなす皮膚の表面に沿わせた状態で当接させ易く、かつ患部の近傍または患部上に当接して、その当接した部分が治療できなくなるのを防止することができるよう取着部よりも径大な円環状に形成してある当接部、を備える。また、この技術では、電気または電子灸装置は、電気または電子灸器を備えると共に、電気または電子灸器のケースを保持してハロゲンランプの位置を設定する位置設定手段を備えるものとする。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 合原 昭之祐

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT