鋳造材料の溶解供給装置および鋳造材料の溶解供給方法

開放特許情報番号
L2008000922
開放特許情報登録日
2008/2/22
最新更新日
2015/9/17

基本情報

出願番号 特願2007-297165
出願日 2007/11/15
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2009-119498
公開日 2009/6/4
登録番号 特許第5009132号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 鋳造材料の溶解供給装置および鋳造材料の溶解供給方法
技術分野 金属材料
機能 鋳造・鍛造
適用製品 鋳造材料の溶解供給装置に適用する。
目的 溶解部と溶湯供給部を特定構造に配置してなる鋳造材料の溶解供給装置を提供する。
効果 成形装置に供給される溶湯に酸化が生じ難く、かつ溶湯の安全な供給が可能な鋳造材料の溶解供給装置が可能になる。
技術概要
鋳造材料を溶解する溶解槽310を有する溶解部300と、溶解部300で形成された溶湯350を保持し、必要に応じて溶湯350を外部に供給する溶湯だめ420を有する溶湯供給部400とを備え、溶湯供給部400は、溶解部300の下方に位置し、溶解槽310と溶湯だめ420は、溶湯350が流通される溶湯用配管320で接続されている鋳造材料の溶解供給装置101にする(図)。好ましくは、溶解槽310の上部には、断熱性の蓋材371が設置され、また、溶湯用配管320は、一端が溶解槽310の側面に接続され、他端が溶湯だめ420の上部に接続され、また、溶湯供給部400は、溶湯350の外部への供給および停止を制御する開閉バルブ490、及び溶湯だめ420を加熱する加熱手段として、電気炉405等を備える構造にする。尚、アルミニウム、マグネシウム、亜鉛等の金属またはこれらの合金を溶解し、溶湯として供給するための溶解供給装置として好適に利用することができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT