周波数変換装置

開放特許情報番号
L2008000918
開放特許情報登録日
2008/2/22
最新更新日
2015/9/17

基本情報

出願番号 特願2007-296469
出願日 2007/11/15
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2009-124460
公開日 2009/6/4
登録番号 特許第5083884号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 周波数変換装置
技術分野 電気・電子
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 録音再生機器、カラオケ装置、電子楽器等に有用な周波数変換装置に適用する。
目的 特定機能を有するFIRフィルタを用いて構成される周波数変換装置を提供する。
効果 FIRフィルタを用いた簡単な処理で音響信号中の任意の周波数成分に任意の周波数変化を与え、また、振幅周波数特性の操作と周波数の操作を同時に実現できる周波数変換装置が可能になる。
技術概要
AD変換部1からのデジタル信号を処理する信号処理部2は、フィルタ部4とフィルタ係数データを蓄えるメモリー部5とを備えており、フィルタ部4は、互いに位相が90度異なった共通の周波数成分から構成されるFIR(Finite Impulse Response)フィルタ40とFIRフィルタ41を有し、1サンプリング周期中にフィルタ係数がフィルタ係数データ供給部から供給されるデータで更新され、かつ、更新されることにより、それぞれのFIRフィルタを構成する各周波数成分の振幅が時間とともに独立に変動し、この振幅変動の周期はFIRフィルタ40とFIRフィルタ41に共通だが、位相が90度異なっており、フィルタ部4は、FIRフィルタ40とFIRフィルタ41の出力信号の差あるいは和を出力する周波数変換器にする(図1、図2)。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT