耐久性を向上させた調光ミラー

開放特許情報番号
L2008000888
開放特許情報登録日
2008/2/22
最新更新日
2015/9/17

基本情報

出願番号 特願2007-275783
出願日 2007/10/23
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2009-103936
公開日 2009/5/14
登録番号 特許第5234537号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 耐久性を向上させた調光ミラー
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 光反射型調光ミラー、窓ガラスから入射する太陽光、調光ミラー薄膜材料、調光ミラー部材
目的 調光ミラー薄膜材料の表面に簡便な方法により保護膜を形成することで、スイッチングの繰り返しに対する耐久性を向上させた調光ミラーの提供及びこの保護膜の形成により、透明化した状態での可視光の透過率を高めた調光ミラーの提供。
効果 調光ミラーに保護膜を塗布することで、スイッチングに対する耐久性を大幅に向上させることができる。また、この保護膜を塗布することで、調光ミラーの透明状態における透過率を高くすることができる。更にスイッチングの繰り返しに対する耐久性を飛躍的に高めると共に、透過率を高めた高耐久性調光ミラーを提供することができる。本技術により、保護膜の塗布により、耐久性の向上と、透明状態における透過率の向上という、二重の利点が得られる。
技術概要
この技術は、水素を含む雰囲気に晒すことにより透明化し、酸素を含む雰囲気に晒すことにより金属状態になる光反射型調光ミラーにおいて、透明な基材の上に形成された反射調光層と、その上に形成された触媒層とを有し、更にその上に形成された保護膜を有してなることを特徴とする調光ミラー薄膜材料である。そしてこの反射調光層が、希土類金属、希土類金属とマグネシウムの合金、マグネシウムと遷移金属の合金のいずれかの薄膜である調光ミラー薄膜材料である。この薄膜の表面には、触媒層として、0.5nm−100nmのパラジウムもしくは白金がコートされている。反射調光層と触媒層の間に、薄い金属膜のバッファ層を有する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT