レーザー装置

開放特許情報番号
L2008000832
開放特許情報登録日
2008/2/22
最新更新日
2015/9/17

基本情報

出願番号 特願2007-246412
出願日 2007/9/25
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2009-076800
公開日 2009/4/9
登録番号 特許第4863301号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 レーザー装置
技術分野 電気・電子、金属材料、無機材料
機能 制御・ソフトウェア、安全・福祉対策
適用製品 簡便な操作で得られ、レーザー加工、レーザー医療等の分野で広く利用される。
目的 アパーチャや吸収体等を用いることなく、より簡単に高品質なビームを出力することができるレーザー装置を提供する。
効果 励起光でレーザー媒質を励起するだけで簡単に高ビーム品質なレーザーを出力することができ、かつ、高ビーム品質を得ることが難しい高出力レーザーにおいても適用できるので、集光性が要求されるレーザー加工等へ応用することも期待される。
技術概要
準3準位系且つ非変形性のレーザー媒質を備えたレーザー装置において、共振器内レーザーモード12のウエストをレーザー媒質14の励起光側の外部に配置し、レーザー媒質中の励起光ビームのウエストの位置において、共振器内レーザーモード径と励起光ビーム径とを一致させた、レーザー装置である。尚、レーザー装置であって、レーザー共振器内にAO変調器または過飽和吸収体を備える、能動モード同期レーザー発振器を製作し、また、レーザー装置であって、レーザー媒質のカーレンズ効果を利用すること、またはレーザー共振器内にカー媒質を備える、カーレンズモード同期レーザー発振器を製作し、更に、レーザー共振器内にポッケルスセルまたは偏光板を備える、レーザー再生増幅器を製作する。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT