バーチャルリアリティ環境生成装置及びコントローラ装置

開放特許情報番号
L2008000815
開放特許情報登録日
2008/2/22
最新更新日
2016/2/18

基本情報

出願番号 特願2009-532251
出願日 2008/9/12
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 WO2009/035100
公開日 2009/3/19
発明の名称 バーチャルリアリティ環境生成装置及びコントローラ装置
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 バーチャルリアリティ環境生成装置、コントローラ装置、VR、Virtual Reality、携帯電話機、PDA、携帯情報端末、錯触力覚インタフェース装置、錯触力覚情報提示方法
目的 非ベース型インタフェースにおいてバーチャル物体やゲームのキャラクタに触覚的に触れるフル体感が体験できるように、錯触力覚を利用し指及び体の動きに合わせて錯触力覚による抗力を制御することにより、立体映像や立体音像に加えて、バーチャル物体の存在及び形状、質感である摩擦感覚や粗さ感覚を表現することができるバーチャルリアリティ環境生成装置及び方法の提供。
効果 錯触力覚を利用することで、物理的には存在していない力及び運動成分を知覚させることにより、心理物理的に一定方向に連続的に力が働く感覚を知覚させることができる。更に、この錯覚により、力の支えなしに宙に把持した状態で利用する非ベース型インタフェースにも関わらず、重力に逆らってインタフェースを持った腕が持ち上がってしまう物理的な現象も実際に引き起こされる。
技術概要
この技術では、バーチャルリアリティ環境生成装置は、錯触力覚デバイスを備える錯触力覚インタフェース装置と、錯触力覚デバイスを駆動制御する錯触力覚デバイス駆動制御装置と、を備える。また、コンテンツに合わせた錯触力覚誘起関数を錯触力覚データを用いて生成する錯触力覚誘起装置と、錯触力覚デバイスを備える錯触力覚インタフェース装置と、錯触力覚デバイスを駆動制御する錯触力覚デバイス駆動制御装置と、を備える。または、各種センサからの情報及びコンテンツデータをもとにコンテンツを作成するコンテンツ作成装置と、コンテンツに合わせた錯触力覚誘起関数を錯触力覚データを用いて生成する錯触力覚誘起装置と、錯触力覚デバイスを備える錯触力覚インタフェース装置と、錯触力覚デバイスを駆動制御する錯触力覚デバイス駆動制御装置とを備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT