マルチタスク処理装置、及びマルチタスク処理方法、並びに、プログラム

開放特許情報番号
L2008000806
開放特許情報登録日
2008/2/22
最新更新日
2015/9/17

基本情報

出願番号 特願2007-236087
出願日 2007/9/12
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2009-070014
公開日 2009/4/2
登録番号 特許第5146954号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 マルチタスク処理装置、及びマルチタスク処理方法、並びに、プログラム
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 マルチタスク処理装置
目的 リアルタイム処理性能と処理効率の良いタスク処理を実現する。
効果 このタスク処理によれば、リアルタイム処理性能及び処理効率良くマルチタスクを実現することができるようになる。
技術概要
単一プロセッサで複数タスクの排他制御を実行し、複数タスクのリアルタイム処理を実現するマルチタスク処理装置である。単一プロセッサ内に複数の仮想プロセッサを設定する仮想プロセッサ設定手段と、プロセッサ内共有データを格納するプロセッサ内共有データ格納部とプロセッサ間共有データを格納するプロセッサ間共有データ格納部とを含むメモリと、メモリ内に、プロセッサ内共有データ格納部を仮想プロセッサの個数分設定するプロセッサ内共有データ設定手段と、を備え、複数の仮想プロセッサの夫々は、割り当てたタスクを処理するタスク処理部と、それ以外のタスクの割り当てをロックするミューテックスロック部と、を有し、タスク処理部は、プロセッサ内共有データ格納部のデータをタスク処理に用いることができるように関連付ける。更に、仮想プロセッサを割り当て実行中のタスクの状態を把握する処理をタスクスイッチ前に実行するタスクスイッチ前処理手段と、実行中のタスクから別のタスクに切換えるタスクスイッチ処理後に、タスクスイッチ前処理手段の結果に基づいて、別のタスクを設定した複数の仮想プロセッサの1つに割り当てるタスクスイッチ後処理手段と、を備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT