オリゴ糖の製造方法

開放特許情報番号
L2008000789
開放特許情報登録日
2008/2/22
最新更新日
2015/9/17

基本情報

出願番号 特願2007-228339
出願日 2007/9/3
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2009-057354
公開日 2009/3/19
登録番号 特許第5093472号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 オリゴ糖の製造方法
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 オリゴ糖
目的 加水分解の際に酵素を用いなくとも、高収率、高純度でオリゴ糖を製造することができるオリゴ糖の製造方法を提供する。
効果 高収率、高純度でオリゴ糖を製造することができるオリゴ糖の製造方法を提供できる。
技術概要
オリゴ糖の製造方法は、マンナン、キシランおよびリグノセルロースのうちの少なくとも一種の化合物を含有するバイオマスからオリゴ糖を製造する方法であって、125℃以上、145℃以下の範囲内の温度で、バイオマスに過酸化水素を添加する第1工程と、145℃以上、165℃以下の範囲内の温度で加熱する第2工程とを含み、第2工程での加熱時間が、1時間以上、1.5時間以下の範囲内である。さらに、230℃以上、295℃以下の範囲内の温度で加熱する第3工程を含み、第3工程での加熱時間が、1分以上、1.5分以下の範囲内である。また、第2工程と第3工程との間に、アルコールを添加する工程を含む、オリゴ糖の製造方法である。図1(a)はオリゴ糖の製造方法でのオリゴ糖の生成量を示すグラフであり、(b)はオリゴ糖の製造方法でのオリゴ糖のHPLC(高速液体クロマトグラフ)による分析結果を示すクロマトグラムである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT