粘度測定法

開放特許情報番号
L2008000776
開放特許情報登録日
2008/2/22
最新更新日
2015/9/17

基本情報

出願番号 特願2007-208009
出願日 2007/8/9
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2009-042100
公開日 2009/2/26
登録番号 特許第4853927号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 粘度測定法
技術分野 電気・電子、有機材料、食品・バイオ
機能 検査・検出
適用製品 簡便な操作で実施でき、高分子分野、食品分野等で広く利用される。
目的 従来の粘度測定における問題を解決することを目的とするものであり、簡単にしかも精度良く粘度測定が可能な方法を提供する。
効果 光学的な液面検出を行わないので、光を透過しない液体でも問題なく測定可能であり、かつ、キャノン−フェンスケ粘度計やウベローデ粘度計等の自然流下式の毛細管粘度計に適用しても高精度の測定が可能である。
技術概要
細管流路を用い、細管流路を被測定対象の液体が流れる流速を測定することにより、液体の粘度を測定する粘度測定法であって、細管流路を被測定対象の液体が流れる際に細管流路に発生する流動電流を測定することにより、流速を測定する。尚、細管流路を被測定対象の液体が流れるための流動を発生させる圧力Pが、式(1):P=AV、に示すように、細管流路を流れる被測定流体の体積Vに比例するようにして、式(2):q=C・exp(−t/τ)[但し、A、Cは定数、τはハーゲンポワズユイ式P=Bqにおける定数Bとした場合のτ=B/Aである]、に示すように、流速qの時間t依存性から粘度を算出する粘度測定法である。更に、この方法を、キャノン−フェンスケ粘度計又はウベローデ粘度計の毛細管粘度計における流下時間の測定のための毛細管を試料が流れる流速の測定方法として適用することにより、粘度測定を行う。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT