フェニレンチオフェンポリマー及びその製造方法

開放特許情報番号
L2008000607
開放特許情報登録日
2008/2/15
最新更新日
2015/11/11

基本情報

出願番号 特願2003-188776
出願日 2003/6/30
出願人 独立行政法人科学技術振興機構
公開番号 特開2005-023168
公開日 2005/1/27
登録番号 特許第3842248号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 フェニレンチオフェンポリマー及びその製造方法
技術分野 化学・薬品、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 バックライト、パネル型光源、有機電界発光素子
目的 チオフェン部分の数を調節することができるフェニレンチオフェンポリマー及びその製造方法の提供。
効果 本技術によれば、有機導電材料としても有用であり、また、有機電界発光素子として有用な有機化合物を、高収率かつ簡便に得ることができる。
技術概要
この技術は、式(1)で示されるフェニレンチオフェンポリマーであり、式中、Yは、−CH↓2−;−C(P↑1)(P↑2)−;−CH↓2CH↓2−;−O−;−Si(P↑3)(P↑4)−;−NP↑5−;又は−S−(式中、P↑1、P↑2、P↑3、P↑4及びP↑5は、それぞれ、互いに独立し、同一または異なって、水素原子;置換基を有していてもよく、酸素原子もしくは硫黄原子で中断されていてもよいC↓1〜C↓(20)炭化水素基;置換基を有していてもよいC↓1〜C↓(20)アルコキシ基;置換基を有していてもよいC↓6〜C↓(20)アリールオキシ基;置換基を有していてもよいアミノ基;置換基を有していてもよいシリル基;水酸基;ホルミル基;置換基を有していてもよいC↓7〜C↓(20)アルキルアリールオキシ基;置換基を有していてもよいC↓1〜C↓(20)アルコキシカルボニル基;又は置換基を有していてもよいC↓6〜C↓(20)アリールオキシカルボニル基である。)である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT