MusashiによるNumbタンパク質発現抑制剤

開放特許情報番号
L2008000548
開放特許情報登録日
2008/2/15
最新更新日
2015/10/2

基本情報

出願番号 特願2001-164412
出願日 2001/5/31
出願人 独立行政法人科学技術振興機構
公開番号 特開2002-371005
公開日 2002/12/26
登録番号 特許第3566941号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 MusashiによるNumbタンパク質発現抑制剤
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 ムサシ蛋白質、Numbタンパク質発現抑制剤、治療薬、神経幹細胞増殖活性増強剤
目的 ニューロン分化調節機能やNotch拮抗作用を有するNumbタンパク質の発現を抑制し、Notch情報伝達系の異常に基づく疾患の治療薬として有用な医薬及び神経幹細胞増殖活性増強剤の提供。
効果 ムサシ蛋白質はニューロン分化調節機を有するNumbタンパク質の発現を抑制し、またNotch情報伝達系の活性を増強するので各種中枢神経系疾患の治療薬として利用でき、さらに神経幹細胞の増殖活性増強剤としても利用できる。
技術概要
 
この技術では、ムサシ蛋白質、ムサシ蛋白質のアミノ酸配列の1又は複数個を置換、欠失、付加もしくは挿入したアミノ酸配列を有し、かつNumbタンパク質発現抑制活性を有するポリペプチド、又はそれらのポリペプチドをコードする遺伝子を有効成分とするNumbタンパク質発現抑制剤を提供する。また、ムサシ蛋白質、ムサシ蛋白質のアミノ酸配列の1又は複数個を置換、欠失、付加もしくは挿入したアミノ酸配列を有し、かつNumbタンパク質発現抑制活性を有するポリペプチド、又はそれらのポリペプチドをコードする遺伝子を有効成分とするNotch情報伝達活性増強剤を提供する。また、ムサシ蛋白質、ムサシ蛋白質のアミノ酸配列の1又は複数個を置換、欠失、付加もしくは挿入したアミノ酸配列を有し、かつNumbタンパク質発現抑制活性を有するポリペプチド、又はそれらのポリペプチドをコードする遺伝子を有効成分とする神経幹細胞増殖活性増強剤を提供する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT