HbA1c用クロマトグラムの表示制御方法

開放特許情報番号
L2008000417
開放特許情報登録日
2008/2/8
最新更新日
2008/2/8

基本情報

出願番号 特願平09-195452
出願日 1997/7/22
出願人 アークレイ株式会社
公開番号 特開平10-090242
公開日 1998/4/10
登録番号 特許第3848985号
特許権者 アークレイ株式会社
発明の名称 クロマトグラムの表示制御方法および装置
技術分野 化学・薬品、電気・電子
機能 検査・検出、制御・ソフトウェア
適用製品 HbA1c用クロマトグラム装置
目的 測定結果に応じた最適な表示ゲインを自動的に設定できるクロマトグラムの表示制御方法を提供する。
効果 測定結果に応じた最適な表示ゲインを自動的に設定できるクロマトグラムの表示制御方法を提供できる。
技術概要
 
【請求項1】 HbA1cが測定対象成分である高性能液体クロマトグラフィーにおいて、クロマトグラムを表示するための各種情報のうち、HbAo分画のピークの後にバリアントHb分画のピークが存在するか否かに基づき、1測定のクロマトグラムの表示ゲインを、HbA1c分画とHbAo分画との間の時間軸上の位置で変更するか否かを判断するゲイン変更判断ステップと、 前記ゲイン変更判断ステップにおける判断結果に基づいて、クロマトグラムを表示する表示手段を制御する表示制御ステップとを実行することを特徴とする、クロマトグラムの表示制御方法。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特になし

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 測定結果に応じた最適な表示ゲインを自動的に設定できるクロマトグラムの表示制御方法を提供できる。

登録者情報

登録者名称 アークレイ株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT