検体の測定方法

開放特許情報番号
L2008000403
開放特許情報登録日
2008/2/8
最新更新日
2008/2/8

基本情報

出願番号 特願平09-103083
出願日 1997/4/21
出願人 アークレイ株式会社
公開番号 特開平10-293132
公開日 1998/11/4
登録番号 特許第3723827号
特許権者 アークレイ株式会社
発明の名称 検体の測定方法
技術分野 機械・加工、化学・薬品
機能 検査・検出
適用製品 生化学的検査で使用される測定装置
目的 測定装置による検体の測定、特に連続的な測定において、前検体の及ぼす影響を確実に回避し、洗浄液の節約及び測定効率の向上を図る。
効果 測定装置による検体の測定、特に連続的な測定において、前検体の及ぼす影響を確実に回避し、洗浄液の節約及び測定効率の向上を図ることができる。
技術概要
 
【請求項1】 検体中の特定成分の濃度に対応する出力値(I)を時間の関数として発生する手段を用いて複数の検体中の特定成分の濃度を順次測定する方法において、 1つの検体について測定を実施し、次の検体についての測定に移る前に、前の検体についての測定が次の検体についての測定に及ぼす影響の程度を、出力値(I)の時間的変化率(V)により検出し、 該次の検体についての測定に及ぼす影響の検出した程度を予め設定した基準値と比較して、洗浄を行うか否かの判断をすることを特徴とする測定方法。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特になし

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 測定装置による検体の測定、特に連続的な測定において、前検体の及ぼす影響を確実に回避し、洗浄液の節約及び測定効率の向上を図ることができる。

登録者情報

登録者名称 アークレイ株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT