入浴補助装置

開放特許情報番号
L2008000350
開放特許情報登録日
2008/2/1
最新更新日
2010/12/3

基本情報

出願番号 特願2006-118422
出願日 2006/4/21
出願人 学校法人金沢工業大学
公開番号 特開2007-289289
公開日 2007/11/8
登録番号 特許第4621626号
特許権者 学校法人金沢工業大学
発明の名称 入浴補助装置
技術分野 生活・文化
機能 洗浄・除去、安全・福祉対策
適用製品 壁掛け式、スポンジ、ブラシの装着機構
目的 高齢者や身体障害者などが入浴する際に、背中を洗うことを手助けし、入浴者自身または介助者の負担を軽減でき、快適に十分な洗浄ができる入浴補助装置の提供。
効果 この技術の入浴補助装置によれば、入浴する際に背中を洗うことを手助けし、被洗者自身または介助者の負担を軽減しつつ、快適に十分な背中の洗浄を実施することができる。
技術概要
この技術の入浴補助システムは、被洗者の背中を洗うためのものであり、たとえば浴室内で、シャワーや浴槽の近くに設置されるもので、洗浄装置と、カメラと、解析部と、操作板とを有する。洗浄装置は、たとえば壁掛け機構を含み、壁掛け機構は、固定壁面に固接されたレールと、そのレールに沿って洗浄台を少なくとも上下方向に移動させる、たとえばローラなどで構成される滑車部を含み、洗浄の上下位置を調整できるように構成されている。解析部は、カメラから送信されてきた画像を用いて、洗浄装置の各ブラシが被洗者の背中に与える押圧力が目標値になるように、ブラシの移動すべき距離を算出して洗浄装置に出力する。洗浄装置のコントローラは、解析部から送信されてきた移動すべき距離通りに、ブラシを移動する。この移動によって、各ブラシが被洗者の背中に当接する。洗浄装置は、さらに、洗浄装置に設けられたタッチセンサの測定値に応じて、ブラシの位置を微調整し、調整後、ブラシを回転させて洗浄を行う。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT