ワイヤソー作製方法およびワイヤソー作製装置

開放特許情報番号
L2008000324
開放特許情報登録日
2008/2/1
最新更新日
2009/10/16

基本情報

出願番号 特願2004-303501
出願日 2004/10/18
出願人 学校法人金沢工業大学
公開番号 特開2006-110703
公開日 2006/4/27
登録番号 特許第4378260号
特許権者 学校法人金沢工業大学
発明の名称 ワイヤソー作製方法およびワイヤソー作製装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 セラミックス、シリコン、硬質脆性材料
目的 電着方式のワイヤソーを高速に作製する技術の提供。
効果 本技術によれば、電着方式のワイヤソーを高速に作製することができる。
技術概要
この技術では、混合液供給槽は、アノードを内部に収容し、アノードのメッキ液中に砥粒を分散させた混合液を一時貯留する。混合液供給槽内の混合液は、供給槽に付設された中空管内に流入する。ワイヤ巻き取り装置は、中空管内に挿通されたワイヤを走行させる。通電手段は、アノードとワイヤの間を通電する。これによって、中空管内においてワイヤの表面にメッキが析出し、ワイヤ表面に砥粒が電着される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT