センサ出力の補正方法

開放特許情報番号
L2008000263
開放特許情報登録日
2008/2/1
最新更新日
2008/2/1

基本情報

出願番号 特願2002-541352
出願日 2001/11/9
出願人 アークレイ株式会社
公開番号 WO2002/039076
公開日 2002/5/16
登録番号 特許第3754989号
特許権者 アークレイ株式会社
発明の名称 センサ出力の補正方法
技術分野 電気・電子、化学・薬品
機能 検査・検出、制御・ソフトウェア
適用製品 センサ出力の補正方法
目的 出力特性が直線性をもたないセンサを検出器に用いた場合に起こる直線性の問題を解決することにより、そのようなセンサを用いても測定を可能にすることを目的とする。
効果 出力特性が直線性をもたないセンサを検出器に用いた場合に起こる直線性の問題を解決することにより、そのようなセンサを用いても測定が可能となる。
技術概要
 
被測定物の上方には、光照射用のLED、結像レンズを介したCMOSエリアセンサが配置されている。LEDの光量を感知するために、さらに光検出器が配置されている。パソコンは、光量を変化させたときのエリアセンサからの出力が光検出器の出力に比例するようにエリアセンサの出力を補正する直線化処理と、被測定物として面内で濃淡が均一な平板を測定したときのエリアセンサの各ピクセルの出力を直線化処理により補正したものが面内で均一になるように各ピクセルの出力を補正する光むら補正処理を行う。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特になし

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 出力特性が直線性をもたないセンサを検出器に用いた場合に起こる直線性の問題を解決することにより、そのようなセンサを用いても測定が可能となる。

登録者情報

登録者名称 アークレイ株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT