水路等に設ける逆流防止装置

開放特許情報番号
L2008000218
開放特許情報登録日
2008/1/25
最新更新日
2011/6/3

基本情報

出願番号 特願2001-333540
出願日 2001/9/25
出願人 岡本 賢
公開番号 特開2003-096755
公開日 2003/4/3
登録番号 特許第4724790号
特許権者 岡本 賢
発明の名称 水路等に設ける逆流防止装置
技術分野 土木・建築
機能 機械・部品の製造
適用製品 水路等に設ける逆流防止装置
目的 河川や水路の放流口とか取水口は規模の多様性に富み方々に多数点在し、人の常駐運転管理とか自動制御の設置管理が難しい場合が多く、また動力源の無い場所も多く、そして暴風雨や鳥獣害等の周辺環境も悪い場合が多い。又近年水門等の管理者が老齢化や人員の不足で管理の徹底が難しくなり、塩害等の事故が多発傾向にある。そして漏水や逆流阻止が不十分な場合、無人のため発見が遅れることが多く被害も大きく成る。従ってそれらに耐える、より確実な動作をし完成度の高い装置を新設および既設水門に容易に付加することで提供する。
効果 無人で全自動で無動力なのでいろんな場所に広範囲にしかも容易に設置できる。また、筒状の可撓部の端部に折り目を付けて置くことで逆流阻水時に空隙が出来なくなるので、波の高い時や台風時や浮き上がり量が不足した場合等にもより確実に漏水無く逆流を阻止できる。さらに、逆流阻止時に筒状の可撓部が上流側に押し込まれるのを防ぐため防止用の格子を設けたり、可撓部の底の部分を一部硬質化することで、より大きな波浪や不測の衝撃流波に対しても耐え所定の浮き上がり量を維持できるので安全性が増す。
技術概要
筒状の可撓部と浮子を有する逆流防止装置において、筒状の可撓部の下流端の浮子に接近する部分に折りたたみ用の、折り目を設けた逆流防止装置である。図1は押し込み防止用格子の正面図である。図2は筒状の可撓部の底の一部分を硬質にした逆流防止装置の立面図である。図3は浮子を取り替えられる様にした逆流防止装置の立面図である。図4は突っかい棒の作用をする可動アームを取り付けた逆流防止装置の立面図(逆流阻止状態に成りつつある70%ほど閉じた状態)である。取り付け枠に筒状の可撓部を取り付けその下流端に浮子を設ける装置において、その筒状の可撓部の下流端に折り目4、5を設け漏水の恐れを無くしたり、図2に示すように、浮力が減少しないように、押し込み防止用格子6を設ける。また、図2に示すように、筒状の可撓部の底部の一部を硬質化9する。さらに、図3に示すように、浮子の浮力を調整出来るように浮子に取替え装置10、11を設ける。また、図4に示すように、浮力を増幅し動作の安定度を増す可動アーム12等を設ける。
イメージ図
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 浮子が自由に変えられることで適応力が増し流体の種類や多様な液深や流速に容易に対応でき細かい調整が可能になる。また、突っかい棒の作用をする可動アームを設ける事で浮上量が増し且つより確実に所要の浮上量を確保出来るので、適応できる液種や液深や流速が増し、従来より、より環境条件の悪い所にも適用出来る様になると共に動作の確実性が向上する。
アピール内容 この発明により以下の3つのことが可能になりました。 @今話題の貸し農園のうち水田稲作が本発明により容易に出来る様になりました。NPOの棚田は勿論、個人団体を問わず誰でも、中山間、近郷に拘らず日曜休日水田稲作農業が楽しめる様になりました。 A少人数による、大規模水稲栽培企業が容易に可能となりました。 註:水田の水管理は5、6月から9月頃まで2〜5日おきにその地区の樋門毎に昔より決められた時間から時間まで(日の出より夕刻までの内2〜5時間位)に取水しなければなりません、毎回失敗しない様に、取水口の閉止は各水田毎一斉に、5分でも終了予定時刻より遅れると問題を残します。従って人の配置が難しい問題なのです。本発明は僅かな費用でそれを一挙に解決しました。田植え前の水張りの時に本発明を取り付けておきさえすればもう稲刈りまで水管理の手仕事は一切不要です。取水口の開閉は制御も含めて全自動です。 B近年当地近郊(岡山、香川県の沿岸地帯)では用水路の海水逆流による塩害事件が度々起きております。放水路水門管理者の高齢化や適任者の減少の上に温暖化による気候変動で予期せぬ高潮の発生が危惧され益々危険性が増してきております。大型水門用の本発明を既存水門の上流側に防波装置と共に取付ければ、動力不要、電源不要、制御装置不要、人力操作不要、常時監視もいりません無人化全自動です。この上ないエコの装置なのです。 C尚詳細は、公開番号をクリックして頂ければ表示されますが、リンクが開かない場合はGoogleで特許電子図書館サービス―特許文献番号―出願番号―全項目で検索して下さい。

登録者情報

登録者名称 岡本 賢

その他の情報

その他の提供特許
登録番号1 特許第4385175
関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT