磁性体部品の整列姿勢制御装置

開放特許情報番号
L2008000018
開放特許情報登録日
2008/1/4
最新更新日
2009/12/11

基本情報

出願番号 特願2000-095731
出願日 2000/3/30
出願人 マイシステムズ有限会社
公開番号 特開2001-282361
公開日 2001/10/12
登録番号 特許第4388199号
特許権者 マイシステムズ有限会社
発明の名称 磁性体部品の整列姿勢制御装置
技術分野 機械・加工
機能 その他
適用製品 磁性体部品の整列姿勢制御装置
目的 複雑な形状の磁性体部品であっても、部品の形状や大きさに関係なく整列姿勢制御を確実に行うことができ、汎用性のある磁性体部品の整列姿勢制御装置を提供する。
効果 磁性体である位置決め対象部品を、対向するドーナツ型磁石間に投入し、複数のドーナツ型磁石間で形成される磁力線の変化を利用して、その間に投入した部品の位置決めを、部品を傷めることなく容易にすることができる。
技術概要
部品位置決め台と、部品位置決め台上に置かれた磁性体部品を内包するように離間して配設された非磁性壁と、各非磁性壁の外側に配設された複数の磁石と、から構成される磁性体部品を位置決めする装置は、磁石が、ドーナツ型の形状を有する。夫々の磁束中心軸がほぼ一致するように複数のドーナツ型磁石が配設されている。磁石は部品位置決め台上で、x軸方向、y軸方向、z軸方向の任意の方向に移動可能である。磁性体部品を非磁性壁間に置き、両非磁性壁の外側に配設した磁石によって磁性体部品を磁気浮上させ、磁石を動かすことにより磁性体部品の位置決めを行ない、その後、その磁性体部品をピッキング装置により把持する。磁性体部品5を非磁性壁3間に置き、該両非磁性壁3の外側に配設したドーナツ磁石4によって磁性体部品5を磁気浮上させ、ドーナツ磁石4を動かすことにより磁性体部品5の位置決めを行ない、その後、その磁性体部品5をピッキング装置Pにより把持する。図1は装置の平面図、図2は、側面図、図3は部品の位置決め動作の部品投入状態説明図、図4はドーナツ型磁石を再離間させ磁力線を分離させた状態の説明図である。
イメージ図
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 マイシステムズ有限会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT